投稿日:2023年3月15日

屋根の劣化のサインとは?

こんにちは!株式会社J-techです。
愛知県名古屋市港区を拠点に、東海地区から全国にわたり、一般外壁塗装工事・屋根塗装工事・内装塗装工事・足場工事・シール工事・防水工事を行っております。
弊社は平成28年の設立以来、ご依頼主様に心からご満足いただける施工品質を目指し、一つ一つのご依頼に真摯な姿勢で取り組んでまいりました。
これからも、ご依頼いただく全てのお客様に喜んでいただけるよう、豊富な経験と柔軟な対応力を生かし、知識と技術の研鑽に日々励んでまいります。
今回は、「屋根の劣化のサインとは?」というテーマについてご紹介いたします。
ぜひ最後までご覧ください。

屋根の劣化のサイン

青い屋根
屋根は、一般的に、新築から大体10年前後で、メンテナンスのために塗り替えを行うべきとされています。
また、立地や外の環境によって屋根の劣化の状態や進み方は大きく左右されるため、劣化の症状のサインが見られないか、注意しておく必要があります。

コケやカビの発生

屋根材の塗料や塗膜が劣化して防水性が低下したまま放置していると、雨水や湿気によりコケや藻、カビが繁殖することがあります。
コケが生えているからと緊急で修繕をしなければいけないわけではありませんが、水切れが悪くなっている状態のため、そのまま放置することで、屋根材が傷み、耐久性が悪化してしまいます。
劣化が進むと結果として雨漏りの原因となってしまうため、定期的なメンテナンスを行うことが大切です。

塗膜の剥がれ

経年劣化などにより塗装が剥がれているのを放置すると、屋根自体がどんどん劣化していき、塗装の剥離部分から雨水を吸収してしまい、屋根材自体を痛める原因となります。
建物の屋根材として広く普及しているスレートは、主成分がセメントで出来ており、セメントはアルカリ性のため、酸性である雨水を吸収することにより中性化現象を起こします。
中性化現象が起こると耐久性が低下し、いずれ割れてしまうでしょう。
塗膜の剥がれが見られる場合は、放置せずに補修を行うように心掛けましょう。

外壁・屋根塗装業者をお探しではないですか

手
屋根の塗装やメンテナンスをお考えの方はいらっしゃいませんか。
愛知県名古屋市港区の株式会社J-techは、東海地区を中心に、全国で一般外壁塗装や屋根塗装工事、内装塗装などを承っております。
豊富な経験を持つベテランの職人による丁寧な施工で、お客様に喜んでいただけるよう日々業務に取り組んでおります。
戸建て住宅・マンション・ビル・商業施設・店舗など建物全般を対象とし、足場工事や、シール工事、防水工事など、ご要望に合わせて最適な提案をいたしますので、お気軽にご連絡下さい!
定期的なメンテナンスで、大切な我が家の寿命を延ばしましょう!
弊社へのお問い合わせは、お電話もしくはお問い合わせページよりご連絡ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

東海地区での塗装工事は愛知県名古屋市の株式会社J-tech|求人
株式会社J-tech
〒455-0882
愛知県名古屋市港区小賀須2-605
TEL/FAX:052-302-2382
※営業・セールス目的の問い合わせはご遠慮願います。


関連記事

弊社の業務をご紹介します

弊社の業務をご紹介します

株式会社J-techは、名古屋市港区を拠点に、高品質な塗装工事・防水工事などを提供しております。 こ …

【求人中】塗装工の将来性は?施工のプロが解説いたします!

【求人中】塗装工の将来性は?施工のプロが…

愛知県名古屋市を拠点に、外壁塗装などを手がける株式会社J-techでは、ただいま塗装職人を募集してお …

「株式会社J-tech」は塗装工事が得意!

「株式会社J-tech」は塗装工事が得意…

「株式会社J-tech」は愛知県名古屋市港区に拠点を置く、塗装工事や防水工事などを行う会社です。 対 …

各種募集  お問い合わせ