お知らせ

投稿日:2023年6月29日

知っておこう!外壁の塗り替えサイン

外壁塗装のメンテナンスのタイミングは、一般的に前回の施工から10年が目安とされています。
しかし、何らかの劣化サインが現れているときは早めの対処が肝心です。
理由は、劣化が軽度なものであれば、早期にメンテナンスを行なうことで大がかりな工事の発生を阻止できるからです。

そこで今回は、知っておきたい外壁の塗り替えサインをいくつかご紹介いたします!

◆チョーキング現象

チョーキング

『外壁に触れた時、手に白い粉が付着する』という最も代表的な塗り替えサインです。
塗料は、樹脂に顔料や接着剤を混ぜてつくられますが、時間が経つとともに紫外線や雨などの影響を受けるため、各材料の結合力が低下します。
そして粉状になった顔料が塗膜の表面に付着するようになることで、この現象が発生します。

◆色あせ

色あせはチョーキング現象に先行して発生するため、『塗料が結合力を失う前段階のサイン』として認識しておきましょう。
新築当初、もしくは前回の塗装完了時の写真があれば、色あせてしまっているか否かがわかるはずです。

◆大きなひび割れ

モルタルやコンクリートの壁の場合は、表面にひび割れ(クラック)が発生する場合があります。
外壁の下地まで割れが到達していないのであれば簡単な処理で済みます。
しかし、『幅0.3㎜、深さ4㎜以上』のクラックが発生していたら、下地の腐食などが進行する恐れがあるため、速やかに塗装業者に相談しましょう。

◆剥がれ

塗膜が剥がれてきた場合は、剥がれた箇所の外壁は保護されていない状態になってしまうので早めの塗り替えが必要です。

ご相談はお気軽に

外壁塗装の劣化の種類には、素人が見てもすぐにわかるものもあれば、専門知識がなければ見逃してしまうものもありますので、今回ご紹介した内容がお役に立てば幸いです。

「一度プロの塗装業者に自宅の外壁をみてもらいたい」という方は、名古屋市港区の株式会社J-techまでお問い合わせください!

お問い合わせ

東海地区での塗装工事は愛知県名古屋市の株式会社J-tech|求人
株式会社J-tech
〒455-0882
愛知県名古屋市港区小賀須2-605
TEL/FAX:052-302-2382
※営業・セールス目的の問い合わせはご遠慮願います。

お知らせ

関連記事

外壁塗装の際に気になるニオイとその対策について

外壁塗装の際に気になるニオイとその対策に…

外壁塗装や屋根塗装などを承っている塗装業者「株式会社J-tech」 です。 今日は、「外壁塗装の際に …

塗装工事の流れを徹底解説!

「塗装工事を依頼したいけど、どんな風に工事をするのかわからなくて不安……」 読者の中には、そんな方も …

アパート 外壁塗装

アパート 外壁塗装

アパートの外壁塗装を行った際の作業風景をご紹介します。 集合住宅などの大きな建物の外壁塗装もお気軽に …

各種募集  お問い合わせ