投稿日:2023年3月6日

外壁の劣化のサイン!

こんにちは!
愛知県名古屋市港区に事務所を構え、戸建て住宅・マンション・ビル・商業施設・店舗など建物全般を対象とし、外壁・屋根塗装などの塗装工事を手掛けている株式会社J-techです。
弊社は、東海地区を中心に、全国からのご依頼に対応しています。
塗装工事だけでなく付随する足場工事やシール工事・防水工事も一貫して行ないますので、業者をお探しの方はぜひ弊社にお任せください。
今回は、「外壁の劣化のサイン!」についてご紹介いたします。
ぜひ最後までご覧ください。

外壁の劣化のサイン

劣化ひび
外壁は、新築からだいたい10年ほど経過すると塗り替えの時期といわれますが、年数が経過していなくても、劣化の症状が見られることがあります。
劣化の症状のサインがある場合、メンテナンスが必要なことがあるため、注意が必要です。

色褪せしている

外壁は、常に紫外線や雨風に晒されているため、どんどんダメージを受けて塗料の表面が劣化してしまいます。
塗膜まで劣化してしまうと、防水機能が落ちてしまうため、色褪せはメンテナンスのサインのひとつです。
また、外壁の汚れが目立ってきた場合、防水性能が落ちたことにより汚れが付着しやすくなっていることが原因のため、塗膜を塗りなおすタイミングのサインになります。

シーリングの劣化

外壁材のつなぎ目に使用されるシーリングも、外壁と同様に劣化していき、ひび割れたり亀裂が発生したりした箇所から建物内部に浸水する恐れがあります。
水を吸った外壁はもろくなってしまうため、シーリングの劣化が見られる場合は早めのメンテナンスが必要になります。

外壁のひび割れ

外壁の劣化が進むと、クラックと呼ばれるひびが発生することがあります。
クラックが0.4㎜まで大きくなってしまうと、構造クラックと呼ばれ、放置すると内部に水が浸入していってしまいます。
その結果、雨漏りが発生してしまう可能性もあるため、ひび割れが見られる場合は早めにプロに点検を依頼するようにしましょう。

外壁・屋根塗装業者をお探しではないですか

手
愛知県名古屋市港区の株式会社J-techは、東海地区を中心に、全国で一般外壁塗装や屋根塗装工事、内装塗装などを承っております。
豊富な経験を持つベテランの職人による丁寧な施工で、お客様に心からご満足いただけるサービスを目指し、一件一件のご依頼に真摯な姿勢で取り組みます。
戸建て住宅・マンション・ビル・商業施設・店舗など建物全般を対象とし、足場工事やシール工事、防水工事など、さまざまなご要望に対応いたしますのでお気軽にご連絡下さい!
定期的なメンテナンスで、大切なお家の寿命を延ばしましょう!
弊社へのお問い合わせは、お電話もしくはお問い合わせページよりどうぞお気軽にご連絡ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

東海地区での塗装工事は愛知県名古屋市の株式会社J-tech|求人
株式会社J-tech
〒455-0882
愛知県名古屋市港区小賀須2-605
TEL/FAX:052-302-2382
※営業・セールス目的の問い合わせはご遠慮願います。


関連記事

ホームページを開設しました。

ホームページを開設しました。

株式会社J-techでは、新たにホームページを開設しました。 これまで以上にお客さまにご満足いただけ …

「株式会社J-tech」は塗装工事が得意!

「株式会社J-tech」は塗装工事が得意…

「株式会社J-tech」は愛知県名古屋市港区に拠点を置く、塗装工事や防水工事などを行う会社です。 対 …

【年末のご挨拶】

【年末のご挨拶】

本年もありがとうございます いつも弊社のホームページをご覧いただきありがとうございます。   …

各種募集  お問い合わせ