投稿日:2023年9月6日

シール工事を行うベストなタイミングとは? 

こんにちは!
塗装工事業者の株式会社J-techです!
弊社は愛知県名古屋市港区に事務所を構え、外壁塗装・屋根塗装・シール工事・防水工事などを手掛けております。
主に、東海地区を中心とした全国で業務を行っております。
「シール工事を実施するタイミングってあるの?」と気になる方も多いのではないでしょうか?
そこで今回は、シール工事を実施するベストなタイミングをご紹介いたします。
ぜひ、最後までご覧ください。

シール工事を行うタイミング

シーリング
シール工事は適切なタイミングで実施することで、より効果を発揮できます。
反対に、タイミングを誤ると住宅の劣化が生じてしまいます。
シーリング工事を行うタイミングは、一体いつがベストなのでしょうか?

耐用年数が経過したとき

シーリング材の耐用年数は5~10年程度といわれています。
使用する素材によっても異なりますが、シーリング工事の施工後5年以上が経過している場合は寿命を迎えている可能性があります。
耐用年数が経過したときは、再度シーリング工事を検討するのにおすすめのタイミングです。
もちろん、寿命を迎えていない可能性もあるため、5年を目安に業者に相談すると良いでしょう。

劣化症状がみられたとき

シーリング材は、紫外線や雨風などの天候によって劣化します。
耐用年数が経過していなくても、劣化症状が見られたときはシーリング工事を行いましょう。
劣化症状は主にシーリング材のひび割れや肉やせ、剥がれなどが挙げられます。
専門知識がなくても一目で分かる症状なので、すぐに業者に相談しましょう。

外壁塗装をするとき

外壁塗装をするタイミングも、シール工事を実施するおすすめのタイミングです。
シール工事では足場工事も同時に行うのが特徴ですが、外壁塗装工事でも足場工事を行います。
足場工事は組立費用はもちろん、撤去費用もかかる工事です。
外壁工事を検討している場合は、同時にシール工事も施工すると費用を抑えられます。
同時に行うことで、メンテナンス時期を合わせられますよ。

塗装工事はお任せください!

スマホで問い合わせ
株式会社J-techは、東海地区を中心に全国各地で各種塗装工事やシール工事などに対応しております。
シーリング材は、すき間風の防止や雨が入り込むのを防ぐなど、さまざまな役割を担っています。
そんなシーリング材は、経年劣化によって徐々に機能を失うため、定期的なメンテナンスが必要です。
弊社では、優れた技術とノウハウをもつスタッフが、高品質なシール工事の施工を実現いたします。
弊社のシール工事で快適な住環境を維持しませんか?
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

東海地区での塗装工事は愛知県名古屋市の株式会社J-tech|求人
株式会社J-tech
〒455-0882
愛知県名古屋市港区小賀須2-605
TEL/FAX:052-302-2382
※営業・セールス目的の問い合わせはご遠慮願います。


関連記事

アパート 外壁塗装

アパート 外壁塗装

アパートの外壁塗装を行った際の作業風景をご紹介します。 集合住宅などの大きな建物の外壁塗装もお気軽に …

教えて!外壁塗装業者選びで失敗しないコツ

教えて!外壁塗装業者選びで失敗しないコツ

ハウスメーカーなども含めると、現在は膨大な数の塗装工事業者が存在します。 そこで、名古屋市港区を拠点 …

作業風景 外壁塗装

作業風景 外壁塗装

外壁塗装の作業風景をご紹介します。 安全かつスムーズに施工できるよう、集中して進めていきます。 …

各種募集  お問い合わせ