投稿日:2023年4月2日

外壁塗装が必要な劣化の症状って?

こんにちは!
愛知県名古屋市港区に事務所を構え、戸建て住宅・マンション・ビル・商業施設・店舗など建物全般を対象とし、外壁・屋根塗装などの塗装工事を手掛けけている株式会社J-techです。
弊社は、東海地区を中心に、全国からのご依頼に対応しておりますので、塗装工事だけでなく付随する足場工事やシール工事・防水工事の業者をお探しの方はぜひ弊社にお任せください。
今回は、「外壁塗装が必要な劣化の症状って?」というテーマについてご紹介いたします。
ぜひ最後までご覧ください。

外壁の劣化の症状

チョーキング
住宅の外壁は、新築から10年前後経過すると塗り替えによるメンテナンスを行った方がいいとされています。
10年経過していなくても、外の環境や土地柄などによる影響で、外壁は劣化することもあり、そういった症状がみられる場合は修繕が必要になるため、注意して見ておくことが重要です。

2大劣化現象

チョーキング現象

外壁を触ってみて、壁の色と同じ粉が手につくことがあれば、これはチョーキング(白亜化)現象と呼ばれる塗膜劣化現象です。
外壁は、常に外気に晒されていることで、紫外線や直射日光、風、雨水などにより塗装が劣化してしまうため、成分の顔料がチョークの粉のように表面に付着し、チョーキングが起きてしまいます。
チョーキング現象が起きているということは、塗料が劣化して耐久力を失っている状態であるため、できるだけ早めに塗装工事による修繕を行うようにしましょう。

ひび割れ

経年や外壁材の特性、塗装の工程、また地震などの外的要因などの、さまざまな発生要因により、塗膜やモルタル外壁はひび割れが起こることがあります。
この外壁に現れるひび割れをクラックといい、放置していると、隙間から雨水などが浸入してしまい、内部構造の木材にカビや腐食などが発生して、建物自体の強度低下にもつながり、お家自体の寿命にも影響してしまうことがあります。
0.3㎜以上の深いクラック(構造クラック)は家の構造にも悪影響を与える可能性があり、耐震性にも関わり補修が必要になるため、ひび割れの深さがわからないときは、専門業者に点検を依頼し、適切な補修を行うようにしましょう。

外壁・屋根塗装業者をお探しではないですか

考える女性
愛知県名古屋市港区の株式会社J-techは、東海地区を中心に、全国で一般外壁塗装や屋根塗装工事、内装塗装などを承っております。
業界歴20年の代表をはじめとするベテランの職人が、いかなる現場にも柔軟に対応いたします!
戸建て住宅・マンション・ビル・商業施設・店舗など建物全般を対象とし、足場工事、シール工事、防水工事など、さまざまなご要望に対応いたしますのでお気軽にご連絡下さい!
定期的なメンテナンスで、大切なお家の寿命を延ばしましょう!
弊社へのお問い合わせは、お電話もしくはお問い合わせページよりご連絡ください。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

東海地区での塗装工事は愛知県名古屋市の株式会社J-tech|求人
株式会社J-tech
〒455-0882
愛知県名古屋市港区小賀須2-605
TEL/FAX:052-302-2382
※営業・セールス目的の問い合わせはご遠慮願います。


関連記事

学校 外壁塗装

学校 外壁塗装

学校の外壁塗装を施工いたしました。 大規模な建物の外壁塗装についても弊社にお任せください。 …

教えて!外壁塗装業者選びで失敗しないコツ

教えて!外壁塗装業者選びで失敗しないコツ

ハウスメーカーなども含めると、現在は膨大な数の塗装工事業者が存在します。 そこで、名古屋市港区を拠点 …

アパート 外壁塗装

アパート 外壁塗装

アパートの外壁塗装を行った際の作業風景をご紹介します。 集合住宅などの大きな建物の外壁塗装もお気軽に …

各種募集  お問い合わせ