投稿日:2023年4月8日

シーリング工事が必要な劣化のサインとは?

こんにちは!
株式会社J-techは、愛知県名古屋市港区を拠点に、東海地区を中心とする全国で一般外壁塗装工事・屋根塗装工事・内装塗装工事・足場工事・シール工事・防水工事を手掛けている塗装業者です。
弊社は平成28年の設立以来、ご依頼主様に心からご満足いただける施工品質を目指し、皆様に丁寧・迅速な塗装工事を提供してまいりました。
これからも皆様に喜んでいただけるよう柔軟な対応力を生かし、知識と技術の研鑽に日々励んでまいります。
今回は、「シーリング工事が必要な劣化のサインとは?」というテーマでご紹介いたします。
ぜひ最後までご覧ください。

シーリング工事とは?

シーリングガン
シーリング工事とは、建物の外壁間の継ぎ目や外壁とサッシの隙間など、動きの多い目地や隙間の部分に、高度の防水性・気密性を持つ材料を充填する工事のことを指します。
シーリング材は、建材同士がぶつかり合うのを防止するクッションとしての役割や、水や汚れの侵入を防いだり、地震の時の揺れによる割れを防いだりといった役割を持っており、外壁を守っています。

シーリングの劣化の症状

肉痩せ

シーリング材に含まれる可塑剤が溶け出すことで、シーリング自体の厚みが肉痩せしていき、薄く硬く、弾力が無くなっていき隙間ができてしまいます。
放置しているとひびが発生してしまいますので、早めのメンテナンスが必要です。

剥離

外壁とシーリング材との間に、はっきりとした隙間ができてしまう状態です。
シーリングの剥離が起きてしまう原因はいくつかあり、施工から数年しか経っていない場合は「プライマーの塗り忘れやムラがあった」「外壁の動きにシーリングの接着強度がついていけなかった」などが挙げられます。
前回の施工から10年程度経過していた場合は、経年劣化による症状と考えられます。
防水機能が失われた状態のため、専門業者の点検や修繕が必要です。

ひび割れ

表面に細かなひびが入っている状態で、進行すると真ん中に大きな亀裂が発生してしまいます。
シーリング材が長期的に紫外線に晒されることで弾力を失い、劣化して寿命を迎えてしまうことが原因です。
こちらも防水機能が失われてしまった状態のため、早めにメンテンナンスをすることをおすすめします。

外壁・屋根塗装業者をお探しではないですか

ハート
愛知県名古屋市港区の株式会社J-techは、東海地区を中心に、全国で一般外壁塗装や屋根塗装工事、内装塗装などを承っております。
業界歴20年の代表をはじめとするベテランの職人による丁寧な施工で、お客様に心からご満足いただけるサービスをご提供いたします!
戸建て住宅・マンション・ビル・商業施設・店舗などさまざまな建物を対象に、足場工事、シール工事、防水工事などもご要望に合わせて対応いたしますので、お気軽にご連絡下さい!
弊社へのお問い合わせは、お電話もしくはお問い合わせページよりご連絡くださいませ。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。

東海地区での塗装工事は愛知県名古屋市の株式会社J-tech|求人
株式会社J-tech
〒455-0882
愛知県名古屋市港区小賀須2-605
TEL/FAX:052-302-2382
※営業・セールス目的の問い合わせはご遠慮願います。


関連記事

【営業・セールスの方は必ずご一読ください】

【営業・セールスの方は必ずご一読ください…

この度は弊社のホームページをご覧いただきありがとうございます。 株式会社J-techでは、営業・セー …

外壁塗装の際に気になるニオイとその対策について

外壁塗装の際に気になるニオイとその対策に…

外壁塗装や屋根塗装などを承っている塗装業者「株式会社J-tech」 です。 今日は、「外壁塗装の際に …

令和6年能登半島地震により被害に遭われた皆様へ

令和6年能登半島地震により被害に遭われた…

この度の令和6年能登半島地震により被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げま …

各種募集  お問い合わせ